現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > チェッカーボード・シクリッド

チェッカーボード・シクリッド  

宝石と讃えられる南米産小型シクリッドの仲間。比較的地味なシクリッドと言われるが、この種もやはり美しく、飼い込んだ状態のオスはライアーテールにブルーが綺麗に乗る。繁殖期には腹ビレも赤く染まり美しい。
アピストグラマとちがいディクロスス属だが似た環境で生息するため飼育方法は同じでいいようだ。
ちなみに性転換する珍しいタイプでもある。


Photo  

チェッカーボード・シクリッド
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Dicrossus filamentosus(Ladiges, 1958)
英名Checkerboard Cichlid、Chessboard Cichlid、Lyretailed Checkerboard Cichlid
分類ベラ亜目、カワスズメ科(キクラ科、シクリッド科)、ディクロスス属
通称チェッカーボード・シクリッド
分布南米:アマゾン川流域、ネグロ川流域、オリノコ川流域
最大体長3〜4cm
寿命3〜5年
人工飼料冷凍飼料活餌。何でも良く食べる
適性な水質温度23〜25℃
PH5.0〜7.0
硬度非常な軟水:5〜8 °d
飼育難易度やさしい
繁殖難易度普通
オスメスの見分け方オスカラフルでライアーテールになる。産卵期には腹ビレが綺麗な赤に染まる
メスオスより地味でヒレも伸びない
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点比較的大人しい方ではあるが、他の南米産小型シクリッド同様に気が荒いので単独かペアでの飼育が望ましい。特に産卵を終えて卵を守るときのメスはペアのオスですら攻撃するので卵かメスを隔離する必要がある。プレコやコリドラスなど底層に住む魚となら混泳可能
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*113匹

特徴・飼育上の注意  

アピストグラマとちがいディクロスス属だが似た環境で生息するため飼育方法は同じでいいようだ。
弱酸性で軟水の環境を作ってあげよう。独特のヒレからあまり水流は好まない。エサは口に入る大きさのものなら何でも食べるので困ることはないだろう。
繁殖はオープン・スポウナー?で葉の上や石の上に30〜50個ほどの卵を産む。性転換することが知られている。メスがオスに変わるという珍しいタイプの性転換もするようだ。
孵化したての稚魚は小さくブラインシュリンプを食べられないので遊泳するようになったらインフゾリア?と併用してあたえよう。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

''''
名無しさん 2016-06-23 (木) 21:46:45


このレビューが参考になった…[投票] 3 

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています