現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > タイワンガガブタ

タイワンガガブタ  

日本産のガガブタと似ていますが、やや小ぶりで短い期間なら水中での維持も可能です。
しかし基本的には浮き草なので野外で睡蓮鉢などを用いた栽培が基本となります。

水上では綺麗な白い花を見せてくれます。花はガガブタのように毛のようなものは生えませんが、白と黄色の綺麗な花を咲かせます。
水面いっぱいに広がった葉から白い花弁が覗く姿はいかにもメダカに合った温かみのある、ほのぼのとした風景が作れます。


Photo  

タイワンガガブタ
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名台湾鏡蓋
学名Nymphoides hydrophylla
英名minute duckweed、Lesser duckweed
分類ナス目、ミツガシワ科、アサザ属
Order:Solanales,Family:Menyanthaceae,Genus:Nymphoides
分布台湾
栽培難易度やさしい(水中では難しい)
必要な光量*120W蛍光灯×3~4(水面の場合は2灯)
CO2添加*2不要
底床ソイル、砂、大磯
水質適正水温20~30℃
Ph弱酸性
GH(総硬度)軟水
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ高さ20cm、広がり10cm
葉のサイズ4~6cm
タイプ水中葉
水上葉×
浮き草
増やし方株分け
成長速度早い
活着×
レイアウトしやすい配置前景
中景×
後景×

栽培上の注意  

日本の環境に適応する可能性があるため、鉢が割れたり倒れても自然に放流されない対策をして、廃棄する場合は完全に枯らしてください。

夏場の日光の下では、土を入れた睡蓮鉢に浮かべるだけで次々に増えていきます。葉が小さくなったり、葉が白くなるようなら肥料を追加します。一年中置いておく場合は、春先と夏の終わりに追肥すると大きな葉を維持できます。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例