現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > スーパーブルー・インパイクティス・ケリー

スーパーブルー・インパイクティス・ケリー  

インパイクティス・ケリーの改良品種で、腹の部分を除き全身が深いパープルに染まる種。
様々熱帯魚がいる中でかなり特殊な体色なため、どんな水槽に入れても存在感抜群。

飼育に関していはオリジナルに準ずる。

小型カラシンの中では珍しく、繁殖まで狙えるので初級者から中級者まで人気の高い魚だ。

余談だがこの魚は国立ブラジル・アマゾン研究所から当時の皇太子に贈られたものがブリードされたのがきっかけで広まった。


Photo  

スーパーブルー・インパイクティス・ケリー
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Inpaichthys kerri var.
英名
分類カラシン目、カラシン科、インパクティス属
通称
分布改良品種(原種はアマゾン川原産)
最大体長4cm
寿命3〜4年
人工飼料冷凍飼料活餌選ばずなんでもよく食べます。
適性な水質温度24〜27℃
PH6.0〜8.0
硬度軟水
飼育難易度やさしい
繁殖難易度普通。小型カラシンの中では比較的簡単。ウィローモスなどに卵を産み付けるので増やしたいなら別水槽に移そう。稚魚は小さいのでインフゾリアとブラインを組み合わせると良いだろう。
オスメスの見分け方オス鮮やかなブルーが特徴
メスオスに比べるとあまりブルーにならない
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点多少気の強い所がある。同種同士だとフィンスプレッディングという喧嘩をする。しかし相手を殺すところまで発展することはない。同程度の大きさの魚ならほとんどの場合、混泳が可能。
気をつけたい病気カラムナリス病白点病
推奨されるアクセサリなど隠れ家を作るための水草など
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*127匹

特徴・飼育上の注意  

東南アジアブリードのものが大量に出回っていて安価なことからショップでの扱いが丁寧でない場合がある。
白点病などになりやすいので水槽でヒレが縮んだり、綿のようなものが付いているショップでは買わないほうがいいだろう。
弱酸性の水が好みで慣れれば上品なブルーの体色を見られる。

気が強いが相手を殺すことはないので、大抵の魚は混泳が可能。心配なら水草で隠れ家を作ると良い。
エサは他のカラシン同様口に入る大きさのものなら何でも良く食べる。
環境に慣れれば良い色を見せてくれ、繁殖まで楽しめることから初心者から中級者まで楽しめる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています