現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > ゴリアテタイガー・フィッシュ

ゴリアテタイガー・フィッシュ  

名前に付けられているゴリアテとは、旧約聖書の「サムエル記」に登場するペリシテ人の巨人兵士のこと。
その厳しい名前に恥じず、凶暴で巨大に成長する魚。

銀色の体色に、突進力のある流線型の体型。ワニのように鋭い歯。どこを取ってもエキゾチックで魅力あふれる魚だ。
海外ではフィッシング大会で獲物とされることがあり、記録によると最大で1.5メートル、体長50キロのものもいるようだ。

特質すべきはその凶暴性で、肉食魚のため、口にはいるものは何でも食べてしまう。その対象は人間も例外でなく、人間が襲わたという報告が多数あり、なかには指を噛みちぎられたという例もある。


Photo  

ゴリアテタイガー・フィッシュ
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Hydrocynus goliath (Boulenger, 1898)
英名African Tiger Fish、Giant Tigerfish、Wolf Tetra、African Tigerfish
分類カラシン(Characiformes)目、アレステス(Alestidae)科、ナンノカラックス(Nannocharax)属
通称ゴライアス・タイガーフィッシュ
分布コンゴ川
最大体長150cm
寿命10~15年
人工飼料冷凍飼料活餌など。肉食魚なので生き餌を好む。
適性な水質温度23~26℃
PH6.5~7.5
硬度中程度の硬水~非常な硬水:15~25 °d
飼育難易度非常に難しい
繁殖難易度
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:強い攻撃性あり
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど飛び出すことがあるので水槽の蓋は必須、水族館レベルの水槽
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*1-匹

特徴・飼育上の注意  

現地ではムベンガと呼ばれて畏怖されている。飼育をするには水槽内で小さく飼育するにしても、最低でも2メートル以上の水槽が必要で、水量は15,000リットルは必要になる。

大型魚マニアなら一度は飼育してみたいと憧れるかもしれないが、必要な水槽のサイズ・凶暴性などの点でおすすめできない。果敢にも挑戦した人の報告によると、水槽のサイズが足りないのか餌食いが悪く、死んでしまう例が多いようだ。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています