現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > コンゴー・テトラ

コンゴー・テトラ  

飼い込むとオスのヒレが伸びて、体色も虹色に変わり美しい。メスも地味ながら水草水槽で混泳させると味わいがある。
飼いやすく繁殖も狙えるが10cmを越えるほどの大きさに成長するのでカラシンなどと混泳させようと思っている場合は辞めたほうがいい。
臆病で縄張り意識を主張するのである程度まとまった数での飼育が望ましいが、遊泳力が高く大食漢なので60cm規格水槽以上の大きさで飼育したい。


Photo  

コンゴー・テトラ
 
samplefile.jpg
写真提供:[編集]
IMG_5483(1).JPG
写真提供:ぼうず[編集]
IMG_5482.JPG
写真提供:ぼうず[編集]
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Phenacogrammus interruptus (Boulenger, 1899)
英名Congo tetra
分類カラシン目、アレステス科、フェナコグランムス(Phenacogrammus)属
通称コンゴー・テトラ
分布アフリカ:コンゴ
最大体長オス10cm、メス8cm
寿命8〜12年
人工飼料冷凍飼料活餌選ばずなんでもよく食べます。
適性な水質温度23〜27℃
PH6.0〜8.0
硬度軟水
飼育難易度やさしい
繁殖難易度やさしい。ばら撒き型の産卵をする種で、多いときは300ほどの卵を産む。稚魚はカラシンにしては大きくヨークサックがなくなり遊泳するようになってすぐにブラインシュリンプを食べることが出来る。育てる場合には卵を別水槽に移してインフゾリア?ブラインシュリンプを与えると良い。
オスメスの見分け方オスメスに比べると大きく、カラフルな体色と長いヒレを持つ
メス地味な体色でオスより小さい
水槽内で好む高さ上層
混泳での注意点10cm以上と大きくなるので小型カラシンなどは捕食されてしまう。少ない数だと臆病な割に縄張り意識が強く出るのでまとまった数で混泳させるのがよい。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど隠れ家を作るための水草など
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*110匹

特徴・飼育上の注意  

導入時の水合わせさえ失敗しなければ飼育は簡単です。ショップでは小さいが10cmを越えるほどの大きさに成長するのでカラシンなどと混泳させようと思っている場合は辞めたほうがいい。非常に遊泳力があり食欲も旺盛な種なので60cm規格水槽以上で飼育することをお薦めする。

産卵はばら撒き型の産卵をする種で、多いときは300ほどの卵を産む。稚魚はカラシンにしては大きくヨークサックがなくなり遊泳するようになってすぐにブラインシュリンプを食べることが出来る。育てる場合には卵を別水槽に移してインフゾリア?ブラインシュリンプを与えると良い。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています