現在位置 : トップページ水草図鑑浮き草図鑑 > オオオニバス

オオオニバス  

日本のオニバスの近縁とされるスイレンの仲間。
葉の淵が10cmほど立ち上がり、お盆のような形になる特徴があります。そのままでは水が溜まってしまうため、切れ込みのようなものが入っていて、水が逃げる構造になっています。
葉の表面は平坦で日本のオニバスのようにトゲもありません。葉の裏はトゲが無数にあり、葉脈が格子状をしていて空気を掴んで浮力を維持しています。

花は最大で40cmほどになる大輪で、白い菊に似た形をしています。日本でも植物園などでは子供を載せるアトラクションとして親しまれています。
なんと種が販売されていて、日本でも10m四方の池があれば栽培が可能なようです。


Photo  

オオオニバス
 
写真の編集方法
または、画像掲示板に水草の名前と共にUPしていただければ分類、掲載します

データ  

別名
学名Victoria amazonica
英名
分類スイレン目、スイレン科、オオオニバス属
Order:Nymphaeales,Family:Nymphaeaceae,Genus:Victoria
分布
栽培難易度
必要な光量*1
CO2添加*2
底床ソイル
水質適正水温25~30℃
Ph
GH(総硬度)
KH(炭酸塩硬度)
サイズ全体のサイズ
葉のサイズ40~250cm
タイプ水中葉×
水上葉×
浮き草
増やし方
成長速度
活着×
レイアウトしやすい配置前景×
中景×
後景×

栽培上の注意  

10m四方の池を用意できれば特になし。


栽培経験者の声  

■どんな水質で栽培したか。栽培してみて気がついたこと、注意点などありましたら投稿してください。
お勧めのレイアウト利用法や栽培方法などもお待ちしています。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 60cm規格水槽(60×36×30)の場合の例
*2 60cm規格水槽(60×36×30)にパレングラスで添加時の例