現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > エレトモダス・シアノスティクタス

エレトモダス・シアノスティクタス  

アフリカ・タンガニーカ湖原産のシクリッド。
タンガニーカ湖は推定2000万年前から存在し、世界で2番目に古くから存在する古代湖として知られる。古くから閉鎖された環境のため、独自の進化を遂げた種が多く存在する。

ハゼのような体型で水底や岩場を歩くように泳ぐ。
笑っているような口に、大きな目が相まってユーモラスに見える。茶色の体色に鮮やかな黄色のバンド状の模様が入る。
各ヒレも綺麗なイエローで派手な色合いになる。

採取される場所によってブルースポットが入ったり、尾ビレがオレンジになる種もいるようだ。
よく似た種にタンガニコドス・イルサカエがいるが、本種は1属1種のエレトモドゥス属。


Photo  

エレトモダス・シアノスティクタス
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Eretmodus cyanostictus (Boulenger,1898)
英名Tanganyika clown
分類スズキ(Perciformes)目、カワスズメ(キクラ、シクリッド)(Cichlidae)科、エレトモドゥス(Eretmodus)属
通称
分布アフリカ・タンガニーカ湖
最大体長8cm
寿命
人工飼料冷凍飼料活餌など。何でも食べるが、草食性が強いので、スピルリナなど植物質の多い餌を与える。
適性な水質温度24~28℃
PH8.0~9.0
硬度軟水~非常な硬水:10~25°d
飼育難易度難しい
繁殖難易度難しい
繁殖は難しいながらも可能。
現地の環境を模して、産卵に使える平たい石を複雑に組み合わせて、産卵床に使える場所を複数作る。PHを8~9までアルカリに寄せて、十分なエアレーションを行います。メスが気に入った岩場で卵を産み付けると、素早く口に咥える。するとオスが体を震わせて精子を出し、メスがそれを口で受精させる。この動作をクルクルと回り出りながら繰り返す。
一度に10~30の卵を産むようだ。
マウスブルーダーのため、世話はメスが行います。2週間ほどで稚魚が孵り、5日ほどで口の外を泳ぎまわるようになる。
エサはブラインシュリンプを食べる。また稚魚も草食性が高いので、エサはスピルリナの粉末等も与える。成長が遅いため、確実に増やしたい場合はメスを回収して別水槽で飼育する。
オスメスの見分け方オス
メス
水槽内で好む高さ低層
混泳での注意点気性:攻撃的になることがある
多少小競り合いをするが問題なるほどではない。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなどサンゴ砂などアルカリ性に傾けるもの、岩組、掃除をしやすい砂状の底床、エアレーション
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*113匹

特徴・飼育上の注意  

タンガニーカ湖の岩場に生息しているため、かなりアルカリよりの水を好む。
底床は細かな砂が推奨。シクリッドにしては大人しいが、他種であってもちょっかいを出すことがあるので、泳ぎの苦手な種との混泳は避けたほうが無難。
適切な環境を整えれば丈夫だが、環境が会わないと調子を落とすので注意。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています