現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > インレキプリス・アウロプルプレア

インレキプリス・アウロプルプレア  

コイの仲間であるインレキプリス・アウロプルプレア。
体の中ほどに黄色と黒のバンドが入る。人懐っこく丈夫でアルカリ性を好む点を押さえればエサは何でも食べるので飼育は簡単。
生息地では群れでブラックウォータの中を悠々と泳いでいる。
その体型はよし知られているコイとは違い、蛇のように細長いラインをしている。動きも体をくねらせて泳ぐ。
最近流通し始めた種であまり詳しいことがわからないがどうやら低温への耐性があるようだ。


Photo  

インレキプリス・アウロプルプレア
 
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名Inlecypris auropurpurea(Annandale, 1918)
英名
分類コイ目、コイ科、Inlecypris属
通称インレキプリス・アウロプルプレア
分布ミャンマー(インレー湖周辺)
最大体長10cm
寿命3〜5年
人工飼料冷凍飼料活餌。何でもよく食べる。草食性のフードが良いだろう。
適性な水質温度22〜24℃
PH7.0〜8.2
硬度軟水
飼育難易度普通
繁殖難易度−データなし
オスメスの見分け方オス−データなし
メス−データなし
水槽内で好む高さ中層
混泳での注意点おとなしい性格なので同程度の大きさの魚なら問題ない。
気をつけたい病気
推奨されるアクセサリなど
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*110匹

特徴・飼育上の注意  

最終的には10cmになるので出来れば60cm規格水槽以上で飼育したいところ。
水質に関してはアルカリよりを好むようで、その点だけ注意したい。水温に関して現地では気温5℃の川(水温はわからない)でも生息していたとあり、低温への耐性もありそうだ。
水質に慣れてしまえば鯉の仲間だけあって丈夫で人懐っこい一面を見せてくれる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています