現在位置 : トップページ生体図鑑熱帯魚図鑑淡水魚図鑑 > アピストグラマ・カカトゥオイデス・ダブルレッド

アピストグラマ・カカトゥオイデス・ダブルレッド  

トサカのような背ビレに、有毒を思わせるような赤と黒の尾ビレが特徴。
カカトゥオイデスの中でも尾ビレと背ビレの二点に赤が入るためダブルレッドという。
頭が黄色、体が青、尾ひれが赤と特に鮮やかな種。求愛時にはさらに鮮やかな体色に変化する。
様々な種が作られているだけあって個体差が大きくコレクション性が高いので価格差も大きい。


Photo  

アピストグラマ・カカトゥオイデス・ダブルレッド
 
male.jpg
写真提供:オス[編集]
female.jpg
写真提供:メス[編集]
写真の編集方法。または画像掲示板にUPしてください。
※Webページに掲載された画像の転載などの著作権違反行為は禁止しています。

データ  

学名A. cacatuoides (Hoedeman,1951)
英名
分類スズキ目、シクリッド科、アピストグラマ属
通称アピストグラマ・カカトゥオイデス・ダブルレッド
分布コロンビア、ペルー
最大体長オス7cm、メス5cm
寿命1〜2年
人工飼料冷凍飼料活餌。なんでも食べるがブラインシュリンプを与えると色揚げ効果がある。フレークフードなどは慣れが必要。
適性な水質温度24〜28℃
PH5.0〜8.0
硬度軟水
飼育難易度普通。やや水質にうるさい所がある。濾過をしっかりとする必要がある。
繁殖難易度やさしい。流木の裏などに50程度の卵を産む。しかし成魚同様に水質の変化に弱いのでブラインシュリンプを与える際には食べ残しがないように、水換えも少量を頻繁に換えよう。
オスメスの見分け方オス体が大きく鮮やかな色を持つ。
メス茶色くオスより一回り小さい。
水槽内で好む高さ中層〜底層
混泳での注意点ペアであっても追い掛け回し、オスがメスを攻撃することもある。また子供を産んだあとは守るためにメスがオスを追い掛け回す。繁殖期はオスが、子供を産んでからはメスが縄張り意識が強くなるため、底層を泳ぐ魚は向かない。
気をつけたい病気ポップアイ症?松かさ病
推奨されるアクセサリなど隠れ家や産卵用に水草など
避けたほうがよいもの
60cm水槽での適正な飼育数*114匹

特徴・飼育上の注意  

飼育に関しては他のアピストグラマと同様と考えて良い。
アピストグラマの仲間は水質の変化に弱いので濾過のしっかりと出来た水槽に導入したい。濾過が過剰なくらいが丁度いい。
水草などの隠れ家があれば、手軽に産卵も楽しめる。子供にはブラインシュリンプを食べきる量を与えて水質が悪化しないように気を付けたい。
色揚げに気をつけて、様々なエサを与えると鮮やかになる。


飼育者の声  

■「どんな環境(水槽)で飼ったか。どんな魚と混泳できたか。こんな面白い発見があった。」など実際に飼育してみて気がついたことを投稿してください。上記データとの相違点がありましたら指摘して下さい。

タイトル: お名前:


このページをソーシャルメディアで共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加

*1 単純な式で求めているので、必ずしも適正でない場合もあります。55リットル/最大体長(cm)×3(冷凍飼料など水を汚す魚の場合×2。テリトリーが必要な魚や肉食魚は×1)の式に当てはめて計算しています